ART nurse academy / アート・ナースアカデミーは、生殖補助医療に携わる看護師のための研究会です。

学術集会

ナースのためのART医学セミナー2017年 プログラム内容

ART医学セミナーART ナースアカデミー主催
日時:2017年5月21日(日)

場所:六本木アカデミーヒルズ49「タワーホール」

テーマ「…もう一歩さきへ」

8:45
〜8:50
ご挨拶 開会の辞
原 利夫 (ARTナースアカデミー 代表/原メディカルクリニック 院長)
8:50
〜9:20
教育講演1 「ここまでわかる胚生検」
演者 塩谷 雅英(英ウィメンズクリニック 理事長)
座長 岡本 純英(ART 岡本ウーマンズクリニック 院長)
9:20
〜12:10
シンポジウム 「ARTを斬る!」
座長 久保 春海(日本不妊予防協会 理事長)
(9:20
〜10:00)
@日本におけるAIDの現況と問題点
演者 田中 守(慶應義塾大学医学部 産婦人科 教授)
(10:00
〜10:10)
休憩
(10:10
〜10:50)
AARTの今を語る
演者 田中 温(セントマザー産婦人科医院 院長)
(10:50
〜11:30)
Bリプロダクティブヘルスと不妊治療
演者 井上 朋子(HORACグランフロント大阪クリニック 副院長)
(11:30
〜11:40)
休憩
(11:40
〜12:10)
C討論
指定発言 森本 義晴(HORACグランフロント大阪クリニック 院長)
座長 小田原 靖(ファティリティクリニック東京 院長)久保 春海(日本不妊予防協会 理事長)
12:10
〜12:50
ランチ
12:50
〜13:50
特別講演1 「ここまでわかる胎児診断」‐仮題
演者 夫 律子(クリフム夫律子マタニティクリニック 院長)
座長 古賀 文敏(古賀文敏ウィメンズクリニック 院長)
13:50
〜14:00
休憩
14:00
〜14:40
教育講演2 「日本の生殖補助医療(ART)における
凍結胚移植の重要性とその技術的進化」
演者 向田 哲規(広島HARTクリニック 院長)
座長 小田原 靖(ファティリティクリニック東京 院長)
14:40
〜15:20
特別講演2 「エストロゲンと進化」
演者 生水 真紀夫(千葉大学大学院 医学研究院 教授)
座長 小宮山 慎一(東邦大学医療センター 大橋病院 婦人科 准教授)
15:20
〜15:40
休憩
15:40
〜16:20
ゲスト講演 「正念 〜マインドフルネスの心〜」
演者 井上 広法(浄土宗 光琳寺 副住職)
16:20
〜16:30
閉会の辞 鈴木 秋悦 (生殖バイオロジー東京シンポジウム 代表)

ご挨拶

 現在、日本のARTクリニックは600 施設を超え、さらにその数は増加傾向にあります。そして、多くの患者さんのニーズに直面し寄り添った治療が出来るのはARTナースの皆さんです。
ARTナースの皆さんの日々の努力によってどれだけ多くの患者さんが救われているかは明白な事実であります。
さて、そのような日本のARTも現在、次の壁を乗り越える時期にきていると言えます。それは、PGS、非配偶者間人工授精、超音波胎児診断など、次のステージの診断レベルをどのようにとらえて、どのように患者に還元するかということです。
そこで、次のPGSにつながるテーマを塩谷 雅英先生に、AIDの現況を慶應義塾大学医学部 産婦人科 教授の田中 守先生にお願いし、ARTの先駆者で常にARTをリードしてきた田中 温先生には、ARTの今と将来の展望を講演していただきます。井上 朋子先生とはリプロダクティブヘルスというARTナースの皆さんにとっての活躍の場をどのように構築してゆくのかを一緒に考える講演をお願いいたしました。午前の講演終了時には森本義晴先生に加わっていただき『ARTを斬る!』というテーマでお話しを伺います。
午後の特別講演では、日本国内より海外で高名な夫 律子先生に超音波胎児診断のご講演を頂きます。夫先生のアートナースアカデミーへの招請は3 年越しの夢でした。
海外といえば向田 哲規先生の活躍が有名で、今回は凍結胚移植について講演していただきます。多くの培養士の方々が聞きたい!と熱望している講演であります。
生水 真紀夫先生には、当たり前のように感じている『エストロゲンの神秘』の講演を聞けることが今から楽しみです。
最後に井上 広法師に心の在り方の講話をして頂きます。私にとって耳が痛い講話になるでしょう。
ヒルズから眺める五月晴れの空の下、おおいに勉強しましょう。
2017年1月吉日
ART nurse academy 代表 原 利夫
上に戻る

アート・ナースアカデミー / ART nurse academy

google plusfacebooktwitter